変化を恐れない

私たちの新たな期である43期が先週の10月1日から
スタートを切りました。
始まって2週間弱の時点ではあるものの、
これから3か月間の第1四半期(10~12月)納品予定は
前年実績比10%以上の受注を既に頂戴しており、
これからどれだけ上積みされるか楽しみな状況です。

私たちは業務開始前、毎朝30分以上かけて
各人の業務内容の擦り合わせを行い、
お客様への対応に遅れや抜けがないか
チェックし合います。

特に先週、中国では国慶節という連休があり、
今週は多くの工場への見積依頼や
スケジュール確認の問い合わせに大忙しの状況だからこそ、
余計にチェックが怠っていないかどうか注意を要します。

受注実績が伸びて忙しいからという理由で
お客様への対応が遅くなることは決して許されません。

お客様にTopをご満足いただくことに繋がらない業務が
社内に漫然と残っていないか
私たちは頻繁に役割分担や業務の流れを
変えていくことも重要な課題と捉えています。
私たちはこれからも引き続き変化を恐れずに
挑戦してまいります。

プレミアムなフライデー

2017年2月24日から政府と経団連の肝いりで実施されて
半年が経過した「プレミアムフライデー」。

政府は消費を上げる目的での導入のようですが、
評判は全体的によろしくないようです。。

メリハリのある仕事をすることで仕事効率を上げる努力を
することになるきっかけになるので決してマイナスではないでしょう。

そんな上から目線で申し上げておきながら
当社は残念ながら導入できておりません(笑)

しかし、先週の金曜日9月29日は、
当社も少し倣って「プレミアムなフライデー」を
実施いたしました。

この「プレミアムな」が肝でして、
別に早退するわけではなく、
全員で期末最終日に年間目標達成を祝して
「飲み放題・焼肉パーティー」を行い
「プレミアムな」金曜にしたというわけです。

「単なる会社の飲み会でしょ」
と言われるかもしれませんが、少々異なります。
全社員一人ひとりに私から表彰状と
副賞商品の授与式も執り行いました。

何よりも全社員が最後まで笑顔で楽しんでくれたのが
私自身とても嬉しい「プレミアムなフライデー」でした。

来年も開催出来るよう
お客様に「全て任せて安心」と
思っていただけるモノづくり
に努めてまいりたいと思います。

誕生日休暇

当社では平日に誕生日が重なるときは、
大手を振って休暇をとれる制度があります。

私も出張から帰国後の19日が平日火曜日であったため、
誕生日休暇をいただきました。

生んでくれた両親に感謝の気持ちをもって、
日中の時間をいかに過ごすかが大切と考えました。

朝は通常通りの時間に起床して、
新聞を読み始め、そのまま読んでない雑誌や本を
読んでいたところ、あっという間に12時近くに。。

そこで井の頭公園を数年ぶりに2周散歩してみました。
ただの散歩がこんなにも感慨深いもの
になるとは思いませんでした。

と言いますのも、私はこの3年間で膝の手術を3度行い、
8月のお盆前にやっと杖なしで歩行することを
医者に許されたばかりなのです。

3年前は週に3~4回は井の頭公園を
毎回何周もジョギングするほどのランニング愛好家でした。

散歩してその頃のことをふと思い出したのです。
そして必ずまた走ってみせる、
全力疾走できるようになると
誓う日となりました。

帰宅してから早速、
今後のトレーニングスケジュールと目標を
自ら検討して書面に書き上げました。
私にとっては、
リスタートにふさわしい
充実した誕生日休暇となりました。

来期43期スタートに向けて

当社は9月末決算のため、
10月1日からスタートする来期に向けて、
既に先月8月より全体及び各人の目標設定を
進めています。

昨年の今頃、42期スタート前は
高い目標設定だと感じていたはずの
チームメンバーも実際に高い目標を達成でき
やればできると自信をもつことができたと思います。

私は全社員のことをチームメンバーと常に呼んでいますが、
来期もこのチームメンバー同士のチーム力に一層の磨きをかけて、
高い全体目標、そして個人目標を達成してもらえるよう
支援していきたいと思います。

さて私は今週土曜日より今月2度目の海外出張に出ます。
今回は中国国内の3省にまたがる移動があります、
直接工場に赴くことで工場の更なる協力をお願いしつつ、
現在生産されているアイテムの品質管理にも
しっかり目を配り、第三者検品会社との品質基準確認など
怠りなく進めてまいりたいと思います。

企画提案は奥が深い

私たちは多くのお客様に販促ノベルティとして、
アイテム提案からのご依頼を多くいただきます。

私たちとしてもどのアイテムがお客様の販売する商品やサービスの
拡販とブランディングに繋げることができるか
ストーリーのある企画提案を常に心がけ、今では得意な提案スタイルとなり
お客様の良き相談相手になれるように日々努めております。

夏期休暇明けの今週も休暇前に企画提案していた案件の
嬉しい結果が届いている中、10数年以上お付き合いいただくお客様から
完全に想定していた結果と異なるお知らせがあり、
プロデュースチームも天を見上げました。

最終選考に残ったのは私たちTopから3アイテム、他社1社から1アイテム。
ご担当者様も私たちの1アイテムを強く社長に推すつもりと
内定に近いをお話を以前よりいただいていた。
しかし、社長にプレゼンしたところ、他社の1アイテムが選ばれたとのこと。

私たちチームメンバー全員が、他社のアイテムを聞いて絶句した。
どうにもこうにも発想として思いもつかない
あまりにありふれたストーリー性のないアイテムであったことにです。

しかし結果は厳粛に受け止めて、
今後の企画提案に活かさなければいけません。

常に初心に帰り、エンドユーザー目線を忘れずに
これからも企画提案力に磨きをかけていきたいと思います。

夏季休暇明け

本日21日(月)より平常業務です。
社員一同誰も欠けることなく
元気に出社してくれました、
嬉しい限りです!

朝礼後、全員が休みボケもなく
仕事に集中している姿を
見て頼もしいほどです。

夏季休暇の間にご対応できなかったお客様へ
ご心配をかけることなく
一つひとつの仕事を丁寧かつ迅速に
対応してまいります。

プロデュースチームは早速大忙しの状態のため、
私も手伝うことになりました。。

午前中にお客様へ
制作アイテムに加えて
別に提案しなければいけない
パッケージデザイン案を
ストーリーも含め数案考えて
担当プロデューサーに提出しました。

お客様に「なるほど~」と喜んでいただけたら
嬉しいですね(笑)

10連休の夏季休暇

明日11日から20日まで有給休暇5日間と
土日祝日を合わせて10連休となる夏季休暇です。
国内の工場がお盆休みを取られるのが
多い状況に合わせての全社一斉休暇となります。

この休暇はお客様都合ではなく、
私たちの勝手な休暇取得に他なりません。

だからこそ、夏季休暇をいただくことで
お客様に
「あ~、トップさん休みなんだ~困ったなぁ」
と思われることなく、今日までにお客様対応として
できることは決してやり残すことなく、
夏季休暇をいただこうと先週から話していました。

因みに私の夏季休暇予定は以下の通りです。
「お墓参り」「父親と兄との会食」「体力強化(ジム、プール)」「近郊の温泉でリラックス」「読書=数十冊の積読状態からの脱出(少しでも。。)」

次男が高校3年生で大学受験を控えているので
残念ながらこれといった家族イベントはなく、
細々動く夏季休暇です!

しっかり英気を養いたいと思います。

皆様におかれましても、
充実した夏季休暇をお過ごしください!

残念無念

先週金曜日に直接内定通知書を渡した第2新卒者から
残念な連絡がありました。。
入社辞退したいとのこと。。

新しいPCやデスクも用意して席替えも済んでいたところでの
連絡に社員一同がっかりです。
今朝の朝礼にて、全社員には、
「また当分忙しい日が続きます、申し訳ない」
と謝りました。

辞退理由は、ご両親に当社入社について報告したところ、
当社規模の中小企業には本人が適していないとの
ご指摘があったらしく、本人も同意されたからだそうです。

ご両親様からすれば、中小企業だから不安定のように
思われたのかもしれません。
私は逆に90年代山一證券や長銀の倒産をみて
大企業が未来永劫安泰なんていうことはないと実感したものですが、
まだまだご両親様のような考えが大勢を占めるということでしょう。

Topに縁あって入社してくれて
一緒に頑張ってくれている社員たちが
Topに入って心から良かったと思ってもらえるような
魅力ある良い会社にしたいという気持ちが更に強くなりました。

お盆休み明けから改めて人材募集を開始します。
良いご縁があることを祈るばかりです!

期待してやまない

本日、1人の第二新卒23歳に
内定通知書を手渡しました。

プロデュースチーム担当として活躍してもらおう
と思っています。
若いからこその企画力やセンスに期待してやまない
わけですが、何も会社としてバックアップせずに
勝手に成長してもらおうなどと考えてはいけません。

お客様扱いするわけではありませんが、
私はじめ先輩たちが右も左もわからない新入社員と
手と手を取り合って一緒に成長という階段を一段ずつ
確実に上がっていくようにしたいと思っています。

加えて新入社員が入社するたびに、
チームの仕事バランスは若干ですが
アンバランスになります。

私はこのアンバランスは企業の成長にとって
必要なことだと考えています。
言い換えれば、バランスがずっと良い状態は、
成長していない証拠ではないだろうかと
省みるべきではないでしょうか。

私たちはお付き合いいただいているお客様に
今まで以上に笑顔になっていただくために今後も成長期待できるメンバーをチームに招き、共に成長し続け一歩一歩漸進してまいります。

暑中お見舞い申し上げます!

暑中お見舞い申し上げます!

既にお客様はじめお取引先には、このデザインを印刷した
暑中見舞いはがきを先月送付しました。

毎年、当社デザイナーが考え制作してくれた
数種のデザイン案から全社員の投票によって
季節はがきのデザインを決定します。

今年のはがきデザインは、以下内容のストーリーを盛り込みました。
・今年の藤井聡太四段15歳の活躍とTopの活躍を重ね合わせたいという想い
・将棋の「最良の一手」とTopの企画提案を重ね合わせたいという想い
・「歩」が「と金」に成ることにかけて、社名トップを「と金」の赤い文字「と」「っ」「ぷ」に乗せて歩みを止めない想い

お付き合いいただいている皆様から
こんな上記の想いを感じていただけたかはわかりませんが(笑)、
プロデューサーが今週お客様より
お褒めの言葉をいただいたとの報告がありました。

更には、こういうハガキをデザインされるトップさんなら
企画提案期待したいとニーズをいただいたとのこと。

これほどの嬉しいお話はありません。
とっても嬉しい限りです!!

今後とも全社一丸となって
ご期待に応える企画提案をし続けていきたいと思います。