定期工場視察

3週間にわたる中国出張を終えて、
無事帰国いたしました。

今回出張目的は、
お客様からご依頼いただいた28アイテムの生産管理と
定期工場視察です。

現在、お客様から制作のご依頼をいただいている
各アイテムの生産管理は
非常に重要であることは言うまでもありませんが、
当社にとって定期的な工場視察も欠かすことはできません。

新聞やテレビでも報道されている通り、
中国はじめアジア各国の労働賃金の上昇は
留まるところを知りません。

当社が生産依頼する工場も同様の状況でありながら、
少ない人数で生産効率を上げるべく、
色々な対応を行う工場と行わない工場では、
工場業績にも大きな差が出ています。

人件費が上昇しているからと、
QC担当や生産ラインリーダーが退社しても、
何の対策も講じずに残った工員だけに無理をさせている工場は、
自ずと品質レベルも下降の一途を辿ります。

Topとしても、出荷前に倒産されてしまっては、
元も子もありません。

私からも他工場の良い取り組みを伝えたりする等、
工場にとっても人件費の上昇分を吸収できるような対策を
一緒に取り組むよう努めることも多いのですが、
残念ながら全く行動に移さない工場もあり、
その場合は少しずつ発注量を抑えて、
最終的には発注を止める判断もしていきます。

小さな対策の積み上げを考えますと、
工場の生産効率向上への行動に
終わりは決してないとつくづく思うのです。

今後も対等なパートナーである工場とタッグを組んで、
改善行動に努めていく考えです。
この行動こそが結果的にお客様に喜ばれる源泉となると、
大げさかもしれませんが信じております。

社員総会

Topとして44期目スタートとなる10月に入りました。
前期の好結果に甘んじることなく、
更に成長していこうと定例の社員総会を行い、
具体的な方向性の確認はじめ
細かな改善策に至るまで意見を出し合い決定しました。

Topでは社員総会を四半期ごとに行うのですが、
決定事項を完全に移行、
若しくは実行できていないことが発覚
することが稀にあります。
そんな時、その担当責任者には猛省を促すだけでなく、
改めてデッドラインを決めて、
詳細報告説明する責任が生まれます。

目の前のお客様対応が第一であることは当たり前のことです。
しかし、将来的にお客様に喜んでいただける改善策を
目の前の忙しさを理由に行わないことは
単なる言い訳にすぎません。

全社員一人ひとりのチカラを合わせて、
小さな改善を積み重ねていかないと良い会社として
成長していくことは決してできないと考えます。

「頑張ります!」は誰でも言えます。
常に実行することを第一に
お客様からのご期待に応えてまいりたいと思います。

連絡のとれない携帯電話

今月も明後日20日から
中国出張となりました。

最近、友人や知り合いから
言われることが多いコメントがあります。

「将に連絡つかない、返信がないときは、
中国にまた行っているんだなと
納得できるようになった(笑)」

私は日本で使うスマートフォンと、
海外出張で使うスマートフォンを別にしているため、
海外に滞在中は、
日本で使うスマートホンフォンには、
電話もメールも届きません。
更には中国では、
正式にはフェイスブックもグーグルも
使用できないため、
その2社のサービスによる連絡手法も使えません。

それは紛れもなく、
私の個人的なお付き合いのある方からの
ご紹介やモノづくりのご相談に対して、
全く対応できていないということに
他なりません。

しかし、私はそれを機会喪失とは
考えておりません。
実際、私が逆の立場で
知り合いに連絡しても繋がらない、返信がない
としても私はその知り合いに憤りどころか、
失望すら感じることがないからです。
どうしても急ぎで連絡を取りたければ、
別の連絡手段を使うと思うのです。
例えば仕事のメールアドレスに用件を伝えたり、
会社に電話すれば知り合いの状況を確認できます。

もし私の知り合いが
私の国内使用のスマートフォンだけに連絡をして、
連絡がつかない、返信がないことで、
私に駄目レッテルを貼るのであれば、
残念ですが仕方ない、
そこまでのお付き合いレベルだと
諦めるようにしています。

納豆巻き

私は時々お腹が減ったときに
納豆巻きを食べることがあります。

いつも思うのだが、
納豆巻きを食べると
先端から納豆がこぼれそうになるので、
先端を空に向けて食べています。

酢飯に納豆を入れたおにぎりが開発されれば、
お米も痛まない納豆おにぎりが完成し、
私のようにいつも空を見上げた滑稽な格好で
納豆がこぼれないよう神経を尖らせながら
食べなくて済む。

そんな納豆おにぎりを出すコンビニがあったら、
そのコンビニのファンになるのにと、
思うのは私だけでしょうか(笑)

こんなことを考えたりすること自体が、
きっとお客様へのアイデアフラッシュや企画提案にも
繋がるはずと信じているのも私だけでしょうか(笑)

前倒し目標達成

2週間にわたる長期出張から帰国すると、
都内初の40度超えといった酷暑を忘れるほど、
すっかり過ごしやすい東京になっていました。

8月下旬に入り、今期43期9月末の最終数字が、
ほぼ見えてまいりました。

結果は、今期43期目標どころか、
来期44期の目標まで前倒し達成することになりました。

これもひとえに多くのお客様、
そして当社のパートナーである
各工場や検品会社、物流会社はじめ協力会社の
お陰に他なりません。

この場を借りて厚く御礼申し上げます。

飛び級のように
来期目標を達成することができたということは、
来期44期の目標の再設定が必要です。

数字目標だけでなく、現状に慢心することなく、
当社の強みである「企画力」と「デザイン力」
を更にブラッシュアップできるよう
具体的に取り組んでまいります。

あれよこれよと考えているうちに
ひとつ気付いたこともありました。

先のことばかり考えていると、
「今のやり方のままで良いのか?」
「常に変えていかないといけないのではないか?」
「完全にゼロベースでやり方を再構築すべきでは?」
と頭の中に色々な考えが浮かびは消えて、
色々な方法に中途半端に手を出したくなります。

これぞと思うことであれば、
しっかりと先ず行動を起こすことに集中し、
それを積み重ねていくことが、
最も大事なことであると再認識できたところです。

専門用語

今朝通勤時、新宿駅からオフィスまで徒歩の間、
あるカップル?同僚?の男女2人が隣を歩いていて、
2人の声が大きかったこともあり、
彼らの会話が耳に入りました。

男性「他の面々はどうだったの?」
女性「面々って何?」
男性「他の奴らってことだよ」
女性「じゃ最初から奴らって言えよ」

この「面々」という言葉を
20代の女性が知らないことに
正直驚いたことも事実ですが、
それ以上にふと考えました。

「私たちはお客様に難しい専門用語を
平気で使っていないだろうか」と。

お客様はモノづくりの専門家ではないからこそ、
Topにオリジナルグッズの制作相談をされるわけで、
誰が聞いても理解できる平易な言葉を使い、
お打合わせをしなければいけないのです。

改めてこの基本的なお客様対応の認識を
全社員で共有したいと思います。

シンプル

毎年恒例の高校ラグビー部OB会や
前職の会社同期会など今月は飲み会が続いています。

お酒好きな私にとっては、
どうしても暴飲は避けられないようですが、、、
その時に暴食しないことだけは気をつけています。

実は現在ダイエットに励んでおります。
と言っても辛いダイエットは決して取り組みません。
方法は至って緩くシンプルです。

「昼食は炭水化物でも何でもOK、
その代わり夕食は出来る限り軽い食事とする」

仕事でもそうですが、
しくみや仕事手順等は常にシンプルであること
を心がけています。

電車の網棚

昨日大きな気づきを得ました、
しかし、
その前に人にはご迷惑おかけしたことを
深くお詫びしないといけません。

昨夜、新宿の紀伊国屋書店に寄って、
本1冊と雑誌1冊を買い、電車に乗って
大失敗を犯しました。

早速、本を読もうと袋から本を取り出し、
残った雑誌を電車の網棚に乗せて、
本を読み始めました。

何駅か過ぎたところで、
電車の揺れと同時に雑誌が網棚をすり抜け、
座っている若い男性の肩に落ちてしまったのです。

「ごめんなさい!!」
私が深謝りしたところ、
その若い男性は笑顔で許してくださりました。

網棚とは昔から言うものの、
既に電車の網棚はパイプ棚であり、
薄い雑誌はすり抜ける恐れがあることは
考えたら子供でも判ることです。

笑顔で許してくれた若者に、
申し訳なさと恥ずかしさでいっぱいです。

その瞬間、気付いたのです。
私たちの仕事においても、
お客様への細かなフォローが行き届いていないのに、
長いお付き合いに甘えて、
笑顔で許されてしまっていることは
ないだろうかと。

今日より明日、更なるサービス対応すべく、
私たちは自らを律し改善、実行を
繰り返していきたいと思います。

感謝を行動で示す

6月も終わりに近づき、
私たちTopは43期第3四半期を終えて、
来月より今期最終コーナーともいえる
第4四半期を迎えます。

お陰様で新規のお客様も増え、
加えて既存のお客様からの受注も増えたことで、
既に私たちが期初に設定した目標を
6月半ばの時点で達成することができました。

これはひとえにお客様、そして
協力してくれている工場、
第三者検品会社、配送会社のお陰であり、
「感謝」の言葉しかありません。

ただ私たちは「感謝」の言葉を伝えるだけでは、
いけないと考えております。

感謝を行動で示すこと、
これが最も大事なことであると考えます。

お客様には、
今まで以上の対応力、企画力、デザイン力を
研鑽し提供していくという行動、
共に努力してくれる
工場、第三者検品会社、配送会社には、
前年以上の発注件数、発注金額を
お願いしていくという行動、
それこそが感謝を行動で示すということ
と私たち全員が強く認識し、
今後も努めていきたいと思います。

さて、私自身は明日から
今月2度目の中国出張となります、
集中切らさず、
一つひとつ確実にやり遂げます!

敢えて疑問を持つことの大切さ

今朝のミーティングにおいて、
上手くいっている生産管理において
多くの工場からも常に丁寧かつ分かり易いと
評判の高い各種指示書の作り方に、
敢えて疑問を呈してみました。

「日本語の分からない工場工員まで一目見ただけで
分かり易い各種指示書を作成してください。」
と頼んでいたのも私自身でありながら、
工場からも喜ばれている各種指示書に対して、
本当にここまで懇切丁寧な指示書が
必要かどうか再考するべきではないかと
疑問を呈してみました。

チームのみんなからは、一様に「えっ!?」
という表情が垣間見えました。

それはそうでしょう。
今まで工場や第三者検品会社からも、
各種指示書内容について、
「こう記載して欲しい、こう注釈つけて欲しい」
といった依頼も皆無なのですから。

私が最も伝えたいこと、
それは、
上手くいっている仕事の流れこそ、
敢えて見直してみる、
時に止めてみることで
結果的にチーム全員が更に
お客様活動にプラスになる行動が
生まれる可能性があると考えています。

上手くいっているからと、
何も変えなければ、
来期も同じ結果しか生まれない、
言い換えれば私たちは進化できないでしょう。

敢えて変えて良くなかったら?
そう、戻せば良いだけのことです。